下空写真事務所の日記ブログ

芦屋の隠れ家フォトスタジオ☆下空写真事務所studio天命音~soramine☆マタニティ&ニューボーンフォト専門スタジオ

新生児フォト ご自宅撮影☆ newborn baby photo 

こんにちは。
ブログを訪問していただき、いつもありがとうございます(*^^*)

満月のときに赤ちゃんが生まれるとよく言いますが
先月のスーパームーンの影響なのか、
下空写真事務所でもちょっとしたベビーラッシュが起こってました(笑)

撮影日時をご希望に添えなかったお客様には大変心苦しい気持ちでしたが…
たくさんのベビーと出会えて幸せです(^^)

さて今回のご紹介です。

私の古い友人が二人目のベビーを出産し、新生児フォトのご自宅撮影で呼んでもらいました。

2E4A9872.jpg

4150g のビッグベビー、男の子です(^^)

2E4A9758.jpg

一緒にふざけ合った友人が、しっかりお母ちゃんやってる姿。

2E4A9844.jpg

感慨深いものがありますね(笑)

2E4A9742.jpg

2歳のお兄ちゃんも一緒に。

2E4A9790a.jpg

お兄ちゃんも、生まれたときは新生児フォトを撮らせてもらいました。

2E4A9818.jpg

月日が流れるのが早いです。。

2E4A9847.jpg

もう可愛くて、、とにかく愛おしい(笑)
これからの成長が楽しみです。

スポンサーサイト

卒業アルバム制作について思うこと 

こんにちは。
ブログを訪問していただき、いつもありがとうございます(*^^*)

卒業アルバムにのせる学年全体写真の撮影場所をロケハンにきました。

今年は体育館の屋上から撮ってみよう!
ということで
↓アングルを確認するため、屋根に登っている図
R0011749.jpg

卒業アルバムって、皆さまにとってどんな存在でしょうか。

中学校時代
クラブ活動の集合写真を撮る日、私はあろうことか風邪で学校を休んでしまい、上の端っこの窓枠に顔写真を入られてます (笑)
その顔写真を撮るために、
ある日の昼休み、カメラマンに連れられて校舎の裏に行った時のことを今でも鮮明に覚えています。

校舎の白い壁を背にして立つよう指示され、
「はい、カメラみて。」
パシャパシャ、と何回かシャッターを切って
「はい、いいよ。」

ほんの数秒間のことでした。

え、今ので終わり??
わたし顔死んでると思うんですけど…

これが集合写真の窓枠に載るんだ、そう思うとホントに憂鬱でした。
それなら載らない方がマシなんじゃ…

そのカメラマンは
30代くらいでしょうか、くたびれた感じの笑顔のない男性で。
中学生の私とのコミュニケーションはほぼゼロでした。
おそらく心の中でこう思っていたでしょう。

「あー、めんどくせー。欠席のガキ1人、さっさと終わらそ」

そんな顔してました(笑)

私も私で、
「あー、腹立つ!
あんな大人になりたくねーわ。
つまらん人生歩みやがって…」

そう毒づいていたと思います。(すいません)

案の定
そのアルバムの中の私は、ガラの悪い憂鬱そうな中学生にしか見えなくて。
将来、彼氏ができても絶対に見せたくないモノとして封印されました(笑)

そんな、写真業ってやつを今は自分がやってますからね(^-^;
因果なものです。

今では、当時の撮影や編集についての苦労や配慮などが分かる部分もあり、
少し温かい目でその卒アルを見れるようになりましたが(笑)

自分たちは
この仕事を愛し、多くの生徒さんや親御さん先生方に満足してもらえるものを作りたいと思う次第です(^^)

卒業アルバムの作り方について

じつは
単純に良い写真を撮ればいい、という訳ではありません。
ついつい、絵になる写真を追求したくなるのがカメラマンの心情ですが(^-^;
卒業生が何十人、多いところでは何百人とおられますので、
目立つ子も、そうでない子も、
多くの生徒さんをカバーする撮影・編集が求められます。

最近は、
低価格をうたい、こういった学校の事情を酌まずにアルバムを提供する業者が増えてきており、
地域密着型の写真屋は泣かされております(;O;)

卒業アルバム1冊いくら、というのはどのご家庭もみんな一緒。
なのに、
自分(我が子)がほとんど写ってない…
そんなアルバム、
数千円安いからといって、価値があると言えるでしょうか。

こういった現象を通して、
「モノの価値」について、とても考えさせられます。

なにが正しいかは分かりません。

私たちにできるベストは何か、、
試行錯誤は続きます(^.^)
( 2015/10/07 16:19 ) Category 出張撮影 | TB(0) | CM(0)